So-net無料ブログ作成

第66回 富士登山競走 完走記 [ランニング登山]



スポンサーリンク




今年も富士登山競走参加してきました。
去年は悔しく書かなかったのですが、8合目の関門に間に合わず失格でした。
今年は一昨年同様ぎりぎりではありますが完走できました!

4時間23分16秒
ラップ
ラップ.JPG

前日
河口湖畔の民宿で宿泊
富士登山競走用に用意されたツアータイプで4人の相部屋
去年は民泊が当選したので利用しませんでしたが、今回も一昨年と同じ宿(秀水)にしてもらいました。
とても料理がおいしいし、量もあるので最高です。
夕食は完璧ですが、朝食もばっちりです。
そんでもって6800円!
後は睡眠ですね。
慣れない場所だと個室だろうが相部屋だろうが眠れないのですが、今回は3時間半くらいは眠れたようです。
どれだけ練習を積んできても、前日の食事と睡眠の質が悪すぎると台無しですのでとても重要です。


当日
スタート地点7時
天候はうす曇で直射日光はほとんどなし。
気温20℃
風はほとんどなし
アナウンスによると山頂の7時現在の天候は4℃、風は10m、晴れ
スタート地点に関しては一昨年ほどではないが直射日光があまりないというだけでなかなかの好条件。
今年は世界遺産登録ということもあってか珍しくゲストを呼んでいて恒例の「えいえいおー!」はなし。
ちなみにゲストは谷川真理さん。

持ち物
カリマーの5Lのウエストバック
デジカメ
水300ml程度
軍手
アミノバイタルゼリー2個
防寒の為のゴミ袋
お金1500円


スタート
とにかく馬返しまでは頑張ろうと思っていました。
スタート後すぐに金鳥居が見えると同時にゴールである富士山山頂が見える。
スタート直後からこれから4時間半ず~~~~っと上り坂。
とにかく序盤は7割くらいの力で淡々と走る。
たぶんキロ5分半~6分といったところか。
基本的に周りのペースより少し速かったようで少しずつ抜いていきました。

浅間神社の最初の給水いつもかなり混雑しているので今年もパス
私のように遅い人はある程度水を持っていき、混んでいる給水所を素通りする方が良いと思います。
相変わらず緩い坂が続きます。
さすがにまだ誰も歩いていない。
呼吸する時に声出しながらする人いますよね・・・
あれがすごく耳障りでした・・・
しかも抜いてやっと聞こえなくなったと思ったらまた別のが現れるし・・・

中ノ茶屋通過
時刻は不明
もう時計も鬱陶しいので外していたし。
ここの給水は割りと空いていたので水を一杯
ここからもまだ舗装路ですが、かなりガタガタで走りにくくなります。
でも、ここはまだ歩いてはいけない。
まだ元気なので抜く方が圧倒的に多い。
だんだん太陽が顔を出してきたが木が茂っているのでだるくなるような暑さではない。
ここまでくれば暑くなってきてもどんどん標高が上がり涼しくなるので問題ない。

馬返し通過(ここまで約15km)
午前8時3分10秒(ラップ:1時間3分10秒)
まず走り切れたことで少し安心し、時刻を見て完走した時より1分遅いだけなので行けそうだなと思ったが、油断は全くしなかった。
ここからは登山道。
今年は走ろうと思えば走れそうだったが、やはり上での高山病に直結するので割り切ってほぼ全て早歩き。
途中50mくらいの平坦なところが何箇所かあるが、そこだけは少し走る。
ただ、今年は高い段差があって他の人が避けるところでも積極的に通った。
ちなみに景色はこの辺りは全く面白くない。
ずっと同じ樹林帯。
所々、溶岩が流れた後なんかは面白いけど。
昔からの人工物は結構あるので歴史は楽しめる。(見ている余裕ないけど・・・)

4合5杓の山小屋跡を通過すると5合目はもうすぐ。
動き続けている割には汗が出ないの高度が上がっていることを実感。

5合目佐藤小屋通過(標高2305m)
午前9時02分48秒(ラップ59分38秒 / 制限時刻午9時20分)
前回完走じここは1時間ちょうどだったのでかなり良いペースできたようだ。
しかもまだまだ元気!
給水所で水1杯 アクエリアス1杯
そういえばここのチェックポイントはいつも渋滞するが今日は少し早いせいか完全に停滞することはなかった。
少しいくと6合目
P1030875.JPG

視界が開けるので気分転換できる。
ついでにこれから先が丸見えになるので若干萎える・・・
だから、頂上の方は晴れてるかなぁぁって少し見たらすぐに目を逸らす。
ここからは完全に歩きで登山モード
一般登山者もいっしょになるので注意や気遣いが必要。
九十九折をひたすら登る。

7合目に入りだすと岩場。
今回、ここはガツガツと行って登り易そうなルートを探す労力を減らした。
これはかなり功を奏した。
ルートを探すというのは意外と疲れる。
それと人の後ろについてしまって意図しないところでしょっちゅう止まったりするとそれも疲れるのでそういう意味でもかなり疲労が軽減されたんじゃないかな。

8合目に到着
まだ本8合ではないが、8合の真ん中は過ぎた。
P1030880.JPG

見上げると本8合の関門の旗が彼方に見えた。
時間は大丈夫そう。

8合目関門通過(標高3360m)
午前10時44分12秒(ラップ:1時間41分24秒 / 制限時刻午前11時)
去年より1分速い。
ここ給水あったかなぁ?
たぶん取ったような気がする・・・
酸素がかなり薄くなってきているので体が少し重い。
でも、いつもよりマシな気がした。
まだあまり肌も黄色になっていないし。
深呼吸は定期的にしている。

一般登山者はかなり疲れているようだ。
ぐったりしている人が多数。
世界遺産登録で安易に登ってしまった人がいるかなと思ったが皆まともだった(笑
皆さん雨具を着ている寒いのだろうか。
こっちは動きっぱなしなので短パンと袖なしでちょうど良い。

上を見上げるとかすかにゴールの旗が見える。
8合5杓を超えるとさらに体が重くなり。
歩を進める速度がさらに落ちる。
フラフラすることも皆無ではないが、ほとんどなかった。
1つ目の鳥居通過。
もうここまでくれば大丈夫
2つ目の鳥居も近くなってきた。
鳥居通過
P1030883.JPG

やっと着いた!
P1030885.JPG

P1030890shrink.jpg


少し遠くから見た山頂ゴール付近の様子。
赤い旗のあるところがゴール。
P1030893.JPG

富士登山楽しかったです!
5合目から完走の余韻に浸りながら山頂を臨む
P1030898.JPG
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました